仮想通貨(暗号通貨)

【暗号資産】自動裁定取引ソフト「Bit Arbitrager」の始め方、手順を1から解説【仮想通貨】

投稿日:2019年6月6日 更新日:

みなさんBTCの運用してますか?習志野(仮)です。

今回の記事は「【暗号資産】自動裁定取引ソフト「Bit Arbitrager」の始め方、手順を1から解説【仮想通貨】」と題しまして、

暗号資産の裁定取引ソフトの運用の仕方を最初から運用まで解説しました。使う前の方が不安は大きいと思いますので、分りやすく解説したつもりです。
もちろん、私もこのソフトを1年以上使ってます。ですので安心して使っていただけたらなと思ってます。

Bit Arbitragerを簡単に解説

Bit Arbitragerをまず何なのかというのをまず解説します。
このソフトは仮想通貨、または暗号通貨と言われている(最近は暗号資産と呼ぶらしい)ビットコイン(BTC)の裁定取引を自動で行ってくれるソフトになります。

詳しくは「BTCアービトラージソフトのBit Arbitragerの実力は?」の方で詳しく解説しています。
こちらのページも参考に見てみて下さい。

もしくは、色々な疑問をQ&A方式で解説したページを作成しています。
参考記事→「【BTC】ビットコインアービトラージBit ArbitragerをQ&A形式で回答します【仮想通貨運用】

今回は始め方や手順を中心に解説したいので、次に行きます。

現在の私の運用例

マウントゴックスが破綻してBTCが大暴落してからずっと株の取引をしながら監視をしていました。
そして、私がBTCの投資を始めたのは2016年の秋です。その時はまだ1BTC辺り6万~7万円前後の時に、上昇し始めた仮想通貨に投資を始めました。

「Bit Arbitrager」との出会いは2018年の5月です。まずはテストモードで繰り返して、どのくらい利益が出るのかイメージしてから6月に本格的に始めました。

私の最新の運用例は「BTCアービトラージBit Arbitragerの運用実績top」の方で貼られていると思いますので詳しくはそちらを参照してください。

Bit Arbitragerの始め方や手順を解説

Bit Arbitragerの始め方を早速解説していきたいと思います。

まずは全体の流れを確認しましょう。

①まずはソフトをダウンロード
②テストモードで動かして自動売買をイメージしてみる
③その間に仮想通貨(暗号通貨)の取引所を開設しておく
④資産配分を決める
⑤取引所ごとにAPIキーを取得し、ソフトのAPI設定にコピーする
⑥ソフトの運用ルールを細かく設定する

①まずはソフトをダウンロード

まずソフトをダウンロードしましょう。
ただし、ここで大事な事があります。

それは「+VDYCMMO」の部分をコピーしてください。
これが私のIDになります。このIDを紹介IDのところに入れてからソフトのダウンロードをして頂ければと思います。
この紹介IDを入れる事によって、デポジット(手数料を予め入金するシステム)にチャージする毎にボーナスが少し貰えるんですが、そのボーナスが1.5倍に増える増幅券が永久に貰えます。

例えば、4%のデポジットボーナスが貰える際に6%になる・・・みたいな感じになります。

紹介IDを入れないと結構損するので、紹介IDは必ず入れた方が良いです。そして、私にも紹介者として少しだけ恩恵がありまして、ご協力いただければと思います。

ソフトのダウンロードは公式ページからダウンロード出来ますので、宜しければID「+VDYCMMO」の登録をお願いします。

②テストモードで動かして自動売買をイメージしてみる

ソフトを起動して私の紹介ID「+VDYCMMO」を入力すると、画面が開くと思います。

Bit Arbitragerの起動画面画像

(タップやクリックで拡大)

この画面の「テスト開始」というボタンを押してみて下さい。
すると、デモトレードで開始する事が出来ます。

テスト環境初期設定の画面

(タップやクリックで拡大)

おそらく各取引所にこのように適当な数字が入っていると思うので、ご自身が実際に運用される予定の金額を入れてみて下さい。

もしまだ予算配分が決まっていない場合は、とりあえず各取引所に1BTCづつと1BTCの値段くらいのJPYを入力しておくと良いと思います。

そして「OK」のボタンを押すとテストモードが開始されます。

このテストモードでは実際のお金で取引をしていないので色々と設定を弄ってみて、本番をイメージしてみると良いと思います。

もしどのような値を設定すれば良いかの参考を知りたい場合は、私が過去に書いた記事を見てもらえればと思います。
参考記事→「アービトラージソフトBit Arbitragerの理想的な設定を考える

完全に真似しても良いですが、この記事を書いた時の相場と今の相場は違うと思いますので、理想の設定はご自身で探してみて下さい。

③その間に仮想通貨(暗号通貨)の取引所を開設しておく

もし今までにまったく仮想通貨(暗号通貨)を取引した事が無い方は、取引所をまず開設しなければなりません。
目安として、取引所を開設するのに2週間くらいはかかると思います。

またこのソフトは現在のバージョンでは国内の6つの取引所に対応していますので、
開いていない取引所は全て開設しておきましょう。

どの取引所だと頻繁に裁定取引が出来るか等をまとめた記事はこちらです。
参考記事→「project ネオニート仮想通貨取引所まとめ

④資産配分を決める

デモトレードは最低でも2週間~1か月は運用した方が良いと思います。
どういう時に頻繁にトレードされるのかや、どのような設定だとトレードが行われるのか?
をテストする事はとても大事です。

そして、その間に資産配分を決めましょう

例えば私がこのソフトを始めた時は200万円と2.5BTCを手元に用意しました。

そして、各取引所にどのくらい配分するかを決めました。
私はテストモードで「Liquid by Quoine」と「BitBank」が頻繁に取引されていたのを確認していたので、多めに配分してスタートさせることにしました。

⑤取引所ごとにAPIキーを取得し、ソフトのAPI設定にコピーする

各取引所の開設が済んでいましたら、本番トレードを始める前にやる事があります。
それは取引所からAPIキーを取得して、ソフト側に入力しておく事です。これを完了する事で、本番環境で自動売買が行われるようになります。

Bit ArbitragerのAPIキーの設定のやり方文章画面

(タップやクリックで拡大)

実はソフト側にもここの部分で詳しく文字で解説されています。ここをよく読んで下さい。

一見難しそうに思うかもしれませんが、実はそんなに難しくありません。
APIキーとパスをコピーしてソフトに張り付けるだけです。その時に、説明にもあるように「残高確認」と「注文」は出来るようにしておかなくてはなりません。

取引所のAPI発行のサンプル画面

(タップやクリックで拡大)

まあぶっちゃけるますと、分らなかったら上記の画像の様に全部許可しておけば出来ます。
セキュリティー的にはアレなんで時間かけても少しづつ試した方が良いとは思いますけどね。お金を扱う訳ですので。

APIの設定の仕方の詳しい説明はまた別の機会にします。

⑥ソフトの運用ルールを細かく設定する

ソフトの運用ルールは一応初期から一応設定されています。

Bit Arbitragerの運用モード選択画面の画像

(タップやクリックで拡大)

ここの画面で簡易設定モード詳細設定モード自動最適化モードが選択できます。
この設定もテストモードで運用する際に色々と弄る事が出来ます。

迷ったら目標差額を3,200円~3,600円くらい。目標利益を3,000円くらいにすれば、たまに起こる取引失敗を考慮しても利益が取れやすいですね。
目標差額を小さくし過ぎると、無駄な損が積み重なる上に相場が大きく動いた際に、利益が全然出ない!という事になりかねません。

先ほどからも何回か書きましたが、テストの時に最適な値というのを色々と探してみて下さい。

次回のバージョンアップ以降で基本的に自動最適化の運用になるそうです。
もしかしたら詳細モードとかは無くなるかもしれませんね。

本番をスタートさせた後は見守るだけですが最後に注意点

では最後にまとめです。

①まずはソフトをダウンロード
②テストモードで動かして自動売買をイメージしてみる
③その間に仮想通貨(暗号通貨)の取引所を開設しておく
④資産配分を決める
⑤取引所ごとにAPIキーを取得し、ソフトのAPI設定にコピーする
⑥ソフトの運用ルールを細かく設定する

上記の手順に沿って運用の準備を行いましたら、本番開始ボタンを押すと運用がスタートされます。
これで稼働が開始されますので、あとは注意点をいくつか書いておきます。

24時間稼働させるので安定しているPCで運用

24時間稼働させるものですので安定しているPCで運用してください。
時々ブルースクリーンになったり再起動を繰り返すPCは不向きです。

そのようなPCの場合は、一度クリーンインストールしてから始めるか、
起動時に常駐するアプリで要らない物をアインストールしてください。

半年くらい前、私は毎日24時間くらい経った辺りでネットワークに繋がらなくなる問題を抱えていました。
原因を特定したのですが、その時はV-CubeというSNSデスクトップアプリが悪さしてネットワークを遮断していました。

監視は朝と寝る前の2回は行った方が良いです(動作がたまに止まります)

時々監視をして下さい。このソフト。たまに「不正な入金がありました」という注意文と共に、稼働がストップする事があります。(頻度は月1回くらい)

原因は、取引がうまく成立されなかった時に注文キャンセルや一部反対売買をするのですが、
その時に取引所が口座に即座にJPYの余力に反映しない事が原因になってるっぽいです。

通常、そのような取引所の処理はめったにないんです。
ですが、たまーに起こるようで、これが起きた時に取引所はバッチ処理で1時間後とかにJPYが戻ってきてしまいます。

そうするとソフト側としては入金なのか、JPYが余力に戻ってきただけなのか判断出来ません。
このソフトは、この処理が行われると金額が少ない時は「入金をしないでください」との注意と共に、稼働を続けてくれる事があります。ですが金額が大きすぎると稼働がストップします。

動いていないと勿体無いですので、止まっていないかたまに確認して下さい

また、winの自動更新とかも切って下さい。メンテナンスをする際に、自分の手で更新をするようにした方が良いですね。

停電対策はUPSを買うか、ノートPCで運用がオススメ

24時間安定稼働を安定させるのであれば、UPSやノートPCでの運用が良いかもしれません。
停電やブレーカーが落ちてしまうとPCにダメージがいくだけでなく機会損失に繋がります。

UPSを運用しても良いですけど、ノートPCが良いですかね。安価ですし高価なPCでなくてもこのソフトは動きますので。

デポジットを入金したとしても、手数料(現在は500円)を作者に払うとデポジットを引き継げるようになってますので、引き継いで運用してみて下さい。

誤入金や、手数料の誤送信に注意しましょう

これ、本当に注意しましょう。

過去(つい最近)に私は誤送信をやってしまってまして、約10万円の損失を出すところでした。
送信金額の確認のステップが2つしか無いので、桁間違い等を注意して見ないとマジでやってしまいます

その時の私の誤送信の様子や作者様の対応の素晴らしさをまとめた記事はこちらです。
参考記事→「BTC(ビットコイン)のアービトラージソフト「Bit Arbitrager」のデポジット金を間違えて入金してしまった場合の対処法

 

今回の記事は以上です。
質問やこういう記事を作ってほしいとかの要望がありましたら、コメントに書いていただけるとお答えします。

またTwitterもやってますので登録よろしくお願いします。
習志野(仮)@投資パチプロブロガー@narasinokari

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目記事

1

未経験でも働ける仕事でオススメの物をピックアップしました。(随時更新) 仕事を選ぶコツは、目的を明確化して働く事です。例えば、 ・高時給を重視する ・働きやすさを重視する ・やりがいを重視する ・収入 ...

2

皆さんこんにちは。 今回は「とりあえずは登録しておきたいオススメASPのまとめ」と題しまして、 私が登録しているASPをまとめます。 この記事は今後も追加していったり、修正していったりします。

3

みなさんBTCの運用してますか?習志野(仮)です。 今回の記事は「【暗号資産】自動裁定取引ソフト「Bit Arbitrager」の始め方、手順を1から解説【仮想通貨】」と題しまして、 暗号資産の裁定取 ...

4

パチスロで稼ぎたいけど、何の機種を覚えれば良いのかわからない! まずは簡単に覚えられてしかも稼ぎやすい機種があるのでそこから覚えていきましょう(´ω`*) そんな声にお答えします。習志野(仮)(Twi ...

5

こんにちは習志野(仮)です。 今回は、私のブログ運営環境や経験を元にブログの始め方を解説してみたいと思います。 目次1 ブログの始め方をまず解説しますので流れを覚え、手順通りに始めてみましょう1.1 ...

6

こんにちは習志野(仮)です。 今回はブログを始めたばかりの人が陥りがちな注意点等をまとめつつ、 最序盤のブログ運営のコツを私の経験からまとめてみました。 と言っても、私はまだブログ運営を始めて1年しか ...

-仮想通貨(暗号通貨)

Copyright© project ネオニート , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.