パチスロ楽しみたい方向け

【考え方】パチスロを楽しみながら勝つ方法【手順】

投稿日:2019年1月24日 更新日:

今回はシンプルな話をしたいと思います。
楽しみながらパチスロを勝つ方法はあるんでしょうか?

こんにちは習志野(仮)です。今回は、「【考え方】パチスロを楽しみながら勝つ方法【手順】」と題しまして、
少しライト層向けの記事を書いてみました。

ライト層向けの記事とはいえ、今回も実例を交えて楽しみながら勝つ方法を本気で書こうと思います。
文字数は6000文字で5分くらいで読み終えると思います。

パチスロ好きでよく打つけど、自分の好きな機種を打って勝ちたい!

パチスロ好きでしたら誰しもが思う悩みですよね。
私も好きな機種で勝てたらいいなーと常に思ってます。

あなたがパチスロの勝ち方を調べるとだいたい、
頭ではわかっていても実践が難しいやり方であったり、
そもそも、勝ちたかったら趣味で打つな的な事を書いているのをよく見かけると思います

楽しみながら負けないように打ちたいだけなのに、
なかなかそんな記事って見当たりませんよね。

そんなあなたの為に、
今回は実例を示しながら負けない打ち方を伝授しようと思います

そもそも、負ける人と負けない人の違いとは?

負けない人は普段からどんな打ち方をしているんでしょうか?

もう先に結論から言います。
これはシンプルに損をしないような打ち方を常にしているからです。

これだけなんですが、これはとても大きいと思います。
え?それだけ?と思うかもしれませんが、これが真実です。

ウチの家族のパチスロ成績を見ると、負けない方法が見えてくる

ここでウチの家族の話をしたいと思います。私の父と母の話です。
もともと私の両親はパチンコが好きでして、
今ではパチンコが飽きたのかパチスロ好きになって、
お小遣いの中で打ちまわっているようなんですね。

ここで面白い事実があります。

・母は1年間20スロを打ちまくっているのに、そんなに負けない
・母は暇が出来ると1週間に4~5日は好きな台を打ちに行くがお金が無くなったりしていない
・父はお小遣いが入るたびに打ちに行くがすぐお金が無くなってしまう
・父はお金が無いので5スロを主に打っている

このような特徴をもう10年以上見続けてきました。

この両親ににパチスロの腕前の違いはそんなにありません。
それどころか、単純な目押し力であれば父の方がうまいと私は思っています。

ところが、実際は母はそんなに負けません。
父は打ちにいきたくても負けてしまってお金がいつもありません。
お金が無いから打ちに行きたくても家で野球を見たり、犬の散歩をしたりしています(*'▽')

どうしてこのような違いが出てくるのかというと、ちょっとした意識の違いやクセが成績に微妙に影響していてそれが1年を通すとものすごい差になっているようなんですね。

詳しく見ていきましょう。

みつ葉司法書士事務所

母のパチスロの打ち方(そんなに負けない)

母のパチスロの打ち方は書いてみるとシンプルです。

好きな機種を好きなだけずっと打ちます。
店はほぼ同じ。打つ機種もほぼ一緒です。
好きな台が無くなるまでずっとほぼ毎日打ち続けます(笑)

今はモンハン月下雷鳴を何年もずっと打ち続けてるし、その前は初代モンハンが大好きでした。
その前はたしか、ベルサイユのばらだったと思います。

その時の好きな機種が無くなるまで打ち続けています。

店長の立場から母のような打ち手を考える

パチスロ設定を決めている人の立場や店長の立場から考えてみます。

ウチの母は毎日同じ台を打つので顔は当然覚えられています。それどころか今月は勝ってるのか負けてるのか把握されていると思います(笑)。

母は毎日稼働を保ってくれるし、出した時はコインが積まれた箱を掲げてアピールして粘ってくれるお客さんです。
そんな人を、店側はカモと見なすでしょうか?

だいたいのお店は粘るお客さんを大切にすると思います

ウチの母のように、ほぼ毎日同じ台を稼働してくれるお客さんはとても貴重でありがたい存在なんです。

そうするとお店はどうするでしょう?

そんな大切なお客さんを手放すのは惜しいので、設定を若干甘く運営します
設定5や6を頻繁に使ったりは無いと思いますが、
実際に母があまり負けていないところを見ると毎日1を打ってるとは考えにくいです。

母が座る機種はもう月下雷鳴と店側は分っているので2を使ったり、
中間設定をたまに入れてあげたりしてるとしか思えません。(あくまで私の見解です)

カードローン

子役をこぼさない様に打つだけで大きな差になる

子役をこぼさないようキッチリ回収。これって普段皆さん意識していますでしょうか?

母は押し順ミスが少ないです。子役も全部とは言いませんが、
こぼさないように努力しています。

私は凱旋やハーデスを良く打ちますが、
隣の人がAT中に雑に目押しして押し準ミスをしているのをよく見かけています。
3枚役をこぼしたら1回につき60円。15枚役をこぼしたら300円になります。

パチスロは半日打つと5000回転ほど消化できます。
その半日で子役のこぼしによって50枚の損失を出している人は、
およそ機械割にすると0.33%分の損を常に背負って打っているのと同じです。

GOD系でいうと、15枚役を2回ミスして、3枚役を6~7回ミスる感じだと毎日1000円くらい損をしています。
月下雷鳴で例えると、7枚役の押し順ナビを3回ミスって、4枚役のスイカを7回くらいこぼした感じが1000円のミスです。
1日でそのくらいのミスならあり得る範囲です。

でも1年間で1000円づつミスをしたとして、200日打ったら20万円の差になります。
20万円ですよ20万円。

毎月のお小遣いで2万円どぶに捨ててるのと一緒です
そう考えると大きくないですか?

そして単純な損失以外にも機種によってはペナルティと呼ばれる、無抽選期間があったりします。
沖ドキやGOD系の機種がそうですね。これが直で、コインの無駄になります。

このペナルティによる期待値の低下と単純な子役のこぼしとが合わさると1日で1000円のミスなんて
簡単に超える事が出来ます。

こういうちょっとしたミスが積もりに積もって、見た目以上の収支の低下として響いていくんですね

母の話に戻します。
母はナビは丁寧に目押ししています。
現に、押し順ミスでこぼしたりした事を私は、あまり見たことがありません。

これらの事から、

・押し準ミスや子役のこぼしをしない
・店側から気に入られ、設定1で打つ機会が少なくなる
・好きな機種が空くまでは待ち時間にハイエナをしている(後述)

このように大きくわけると3つの事を母は心がけています。
このルールを毎日のように守って打っているのにそんなに負けないんですね。

好きな機種が空いてない時は、好きな機種が空くまでハマってる別の台のハイエナをしている

母は好きな台が打てない時はパチプロのような立ち回りをしているようです(笑)。
でもこの行為はあまり好きじゃないようで、あくまで打ちたい機種の合間に行っていると言っていました。

まあでも、ただ台が空くのを待っているより有意義な過ごし方ですよね。
この小さな積み重ねが大きな収支の違いとなっています。

次に父のパターンを見てみたいと思います。

レンタカー

父のパチスロの打ち方(負けまくる)

その時の気分で好きな機種をお小遣いの範囲で好きなように打ってます。
お金が普段からあまり無いので、天井まで追ったりはしません。
適当な回転数で座り、適当な回転数でヤメます。

また、ここで捨てたらもったいないという場面でもお金が常に無いので、しぶしぶ捨てていくという場面があります。

適当な打ち方をすると設定1未満の機械割になります

なんで父だけ負けまくるかという話は結論からいうと、機械割が極端に低い状態で打っているからです。
回転数を気にせずスタートするのは母と同じだと思います。
ですが、その適当打ちを1日に何回も台移動するたびに行うとどうなるか?

それは機械割95%未満で打っているようなものだと思いますね。

メーカーで発表している機械割は、天井間際やゾーン中や当たって居る時もも考慮されて計算されているんです。

もちろん、ウチの父はゾーンや天井の存在は分っています。
ですが、その高期待値の部分をこぼさないよう打つという事をしません。お金が常に無いからです。

お金が無いから、やりたい機種を数千円づつ打つようになったとも言えます。
まさに負のループです。

店長の立場から父のような打ち手を考える

まさにカモです。出したとしてもあまり粘らないため、出玉アピールにもなりません。
そんなお客の為に常に高設定を入れる余裕は今のお店にありませんので、回収対象になってしまいます。

また、お店が出したいと思った時を想像してください
色々な機種を適当に打って適当に辞めるお客はどこに座るのか、店側は判断できません

店長「あのお客いつも負けているから、高設定を入れてたまには喜んでもらいたいな・・・」

そう店長が思ったとしても、父のように適当に選ばれてしまっては、コントロール出来ません。
つまり父のような打ち手は、高設定を掴もうとするとプロと同じ土俵の上でパチスロ台の奪い合いをしないといけないんです。

スロプロが高期待値の部分を全て持っていくので、残っている空き台は必然とマイナス期待値の台ばかりになります。
その中から適当に打ってるわけですから、そりゃー機械割が低下しますよって話です。



また父は子役をこぼしたり、押し順ミスを結構やる

父と打ちに行くと、父は子役をこぼしたり押し準ミスをしょっちゅうしています。

普通の人もそのくらいミスするだろう?

そう父は思ってるもしれませんが、負けない人は押し順ミスやこぼしをめったにしません。
特に、押し準ミスをしてしまった日にはものすごく反省していると思います。

私も凱旋で押し順ミスってしまった時は、缶ジュースを買っちゃダメ!
などの自分へのペナルティを課してます( ;∀;)

負けてる人は5スロをよく打つがそれがいけない

そして父の特徴の最後になりますが、父は5スロをよく打ちます。
これが更に悪い状況を招いています。

はっきり言ってしまいます。5スロは、設定オール1です!(悲)

お店も営業を続けていかなければなりませんから、回収する台と出す台を決めています。
20スロは営業の要になってきますので、ある程度高設定や中間設定を使います。
一方で、そのしわ寄せがどこに行くかというと・・・低貸しスロットなんですね。だから5スロはオール1となります。

つまりまとめると父は

・99%設定1を打たされている
・子役や押し順ミスをして機械割の低下を招いている
・プロがやらないマイナス期待値の回転数の台ばかり打っている

という3重苦を常に無意識に実践している事になります。



結果、最終的に父と母を比べると機械割は5%以上の開きが出ていると思う

好きな機種を打つという行為を両者行っているのにそこには大きな違いがある事が分かったと思います。

母のようにたまに中間設定を打てて、機械割の低下をしない打ち方によってほぼ毎日打てるのに対し、
父のように一方ではお金が無いので、楽しみながらも常に地獄のような場面で打ち続けています。

この事から両社の違いは機械割に表すと5%以上の開きになってしまっていると予想できます。

1年を通して100万円くらいの差は生まれてるかもしれませんね・・・

自分の両親ながらこの差・・・なんか悲しい( ;∀;)

父のような適当打ちをしている人はどうすれば負けない様になるだろうか?改善点など

先に言っときますが、私は父に負けないような打ち方を何回か教えた事があります。
ですがそれは無駄に終わりました。

趣味打ちを優先してしまい、負けてでも自分の好きなように打ちたいようです。

そろそろまとめてみましょう。

パチスロわっしょい

好きなパチスロで負けないような打ち方をする方法の手順まとめ

とはいえ、母のように1年中同じ機種を打つのは無理だよ!って方もいると思うんで、
私が考える負けないような打ち方を指南してみようと思います。

①好きな機種を決める
好きな機種に力を入れている店にいく
打ちたい機種が無かったら、ハイエナ狙いをして時間をつぶす
④高設定っぽい挙動してる台を選んで打つ
⑤常に周りの状況を見て打ちたい機種の高設定っぽい台が空いたらタイミングを居て移動する
打ってる時は、押し順ミスや子役こぼしを絶対にしないという意識が大事
辞める時は辞め時のルールを必ず守る(時間が無くて中途半端になりそうなら打たない)

この順番でパチスロを打てば負けにくなると思います。
特に赤い太字のところは大事です。

少しでも長くお金が続く限り好きな機種を打ちたかったら、赤い太字のところは最低限守りましょう

ここにプラスアルファとして、同じ店の同じ機種で打ち続けると、
店長等に気に入られれば気まぐれで中間設定を入れてくれたりするようになります。
そのレベルになるには良い店に当たるか等の運の要素もありますが、少し意識してみるのも良いかもしれません。
ただし、その場合は店選びが重要です。地域密着型の店で行うようにしましょう。

最後に感想というか、個人的に面白いなーと思った点をおさらいしてみます。



母は負けない打ち方をしているがそれは無意識に行っている

最後になりますが、今回の記事を書いてて思ったことを書きます。

父は母に地蔵と言っていたのを思い出しました。負けようが勝とうがずっと同じ機種を打ち続けるからでしょうね。
そんな地蔵と父に笑われてる母でしたが、
そのずっと辞めずに打つ姿勢が店側から気に入られ、
無意識に負けない状態で打っているというのが、実に面白いと思いませんか?

母は恵まれているのかもしれません。
もし、店側が客の事を一切に考えない経営をしていたとしたら、
母のよく打つパチスロ機もオール設定1でしょうね。
そうなれば母も相応に負けまくってると思います。

母も結果としてあまり負けないという、その一点でその店を気に入って、また同じ店の同じ台を打つんですね。
互いの利害が一致して、更に負けにくくなるという・・・いやー本当に面白いです。



今日の記事は以上です。
私の家族を登場させてて記事を書いてしまいました(笑)。

これを父が見たら良い気分はしないと思うんで、見つからないよう祈りつつ、
この辺にしておきたいと思います。

過去の記事でパチスロがうまくなりたい人向けにパチスロ中古機についての記事を書いてます。
参考記事→「パチスロの中古機を買って遊んでみよう(買取もして貰えます)

過去の記事でパチンコやパチスロライト層向けにゆるく稼ぐ方法を書いています。
参考記事→「パチスロやパチンコで負けないようにゆるーく稼ぐにはどうすれば良いか

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目記事

1

未経験でも働ける仕事でオススメの物をピックアップしました。(随時更新) 仕事を選ぶコツは、目的を明確化して働く事です。例えば、 ・高時給を重視する ・働きやすさを重視する ・やりがいを重視する ・収入 ...

2

皆さんこんにちは。 今回は「とりあえずは登録しておきたいオススメASPのまとめ」と題しまして、 私が登録しているASPをまとめます。 この記事は今後も追加していったり、修正していったりします。

3

みなさんBTCの運用してますか?習志野(仮)です。 今回の記事は「【暗号資産】自動裁定取引ソフト「Bit Arbitrager」の始め方、手順を1から解説【仮想通貨】」と題しまして、 暗号資産の裁定取 ...

4

パチスロで稼ぎたいけど、何の機種を覚えれば良いのかわからない! まずは簡単に覚えられてしかも稼ぎやすい機種があるのでそこから覚えていきましょう(´ω`*) そんな声にお答えします。習志野(仮)(Twi ...

5

こんにちは習志野(仮)です。 今回は、私のブログ運営環境や経験を元にブログの始め方を解説してみたいと思います。 目次1 ブログの始め方をまず解説しますので流れを覚え、手順通りに始めてみましょう1.1 ...

6

こんにちは習志野(仮)です。 今回はブログを始めたばかりの人が陥りがちな注意点等をまとめつつ、 最序盤のブログ運営のコツを私の経験からまとめてみました。 と言っても、私はまだブログ運営を始めて1年しか ...

-パチスロ楽しみたい方向け

Copyright© project ネオニート , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.