パチスロ脱初心者

最近パチスロで勝てない!パチプロも勝てない時期は当然ある話

更新日:

最近私は全然パチスロに勝ててません!一体どうしちゃったんでしょうか?
皆さんもこういう経験が沢山あると思います。ですが私は一応これでもプロとしてやっていますので、負けていては廃業になってしまいます!

そのような時は傾向があります。今日は過去の実践データから詳しく解説していきますので、同じようにスランプに陥っている方や、パチプロに興味がある方に向けて、
負けてる時もあるという事を示しますので参考にしてください。

こんにちは習志野(仮)です。
今回は「最近パチスロで勝てない!パチプロも勝てない時期は当然ある話」です。
今日は全体的に長めで5分くらいで全部読めます。

パチスロの用語については分からない事があればこちらを見てください。少しづつまとめているページがあります。
参考→「パチスロ・パチンコ用の用語集

目次

全然勝てない!どうしたらいいの!

パチスロやパチンコで生活している人がこのような事態に陥った事は1度や2度ではありません。
誰しもが経験するスランプというやつです。

この時は何をやってもうまくいきません。
うまくいかないから、立ち回りがいつもより丁寧になってしまって、余計に稼働が落ちて全体的な期待収支が下がって余計にトータルとして大きく勝てなくなってしまいます。

もしくは、いつもと違う立ち回りをしてしまい、大きく荒れる機種を中心に打って更に傷を深くしてしまいます。

習志野(仮)は最近負けまくってます

11月15日までの収支 マイナス90,800円

11月の時給-2,400円 

酷い結果ですね。ここまで11月は90,800円のマイナスとなっています。
当然時給も赤字です。

稼働時間も少ないですね。現時点で37.7時間です。
これは負けている時は稼働時間が伸びにくいという特徴があるので少しは影響していると思われますが、土日も出動している割には・・・と自分でも思います。

稼働が落ちた原因として考えられるのは、全然勝てないので、
勝ちに飢えてしまって以前なら打っていた期待時給2,200円くらいの台をスルーして、期待時給3,000円前後しか打たないようにしていたとかもあるかもしれませんね。

8月や9月は早めの時間から打った場合は期待時給2000円ちょい超えの場合でも打っていましたし、それでも結果が出ていたのでどんどん稼働を増やせていました。

冷静に考えれば時給2,000円だとしても普通のバイトするよりは高いわけですから、そればかりはダメですが、他に打つ台が無ければ打つのもアリだと思います。

期待時給が低い台でも打つべき時間帯はこの記事が参考になります。
参考→「仕事帰りに副業でパチスロで稼ぐ!〇〇時までなら間に合う!

ですが、先ほども書いた通り、負けている時というのは勝ちに飢えている状態ですのでどうしても、負け額を抑えたい衝動が出てしまうんです。

負けまくる⇒期待値を高めて稼働を落とす⇒それでも負ける⇒更に期待値を高めて稼働を落とす

結果として、負けるし、稼働も増えないという事になってしまいます・・・。( ;∀;)

負けている原因はあるのか?

負けている原因はハッキリしていまして、大きく勝っていないからです。

え?勝ってないから負けているってのは当然なんじゃないの?
もしかしたら皆さんの中にもそう思う方も居るかもしれません。

どういうことかと言いますと、そもそもパチプロの方の収支は、負けを少なくして勝つ時に大きく買ってトータルでプラスにするという収支になる方が多いのです。

何故でしょうか?
それはパチスロやパチンコの特徴を考えていくと納得すると思います。

パチスロやパチンコの出玉の特徴

パチスロやパチンコの特徴からして負ける最大額というのはある程度コントロール出来ますが、勝つ時の出玉はコントロール出来ません。

勝つ時の上限をコントロールしてしまう要因はあるとするならば閉店時間となってしまった時でしょうね。
それ以外は、出っ放しならば全てプラスとして計上できるのです。

一方、負け額というのは、ハイエナをしている限りは上限があります。

天井狙い

例えばパチスロの凱旋であれば600回転からスタートして天井が1470回転+αなので平均36,000円前後という予想データになります。

最悪な展開というのはもちろん天井単発ですので、
36,000円使って30回転ヤメであれば、平均マイナス31,500円負けでしょうか。

ゾーン狙い

例えば、番長3の対決カウンター45からスタートして天井64まで行い対決負けしたらヤメというのを行った場合は最大投資額は約4,000~5,000円です。

10回連続で外してようやく45,000円前後の負けになります。

パチンコの場合

釘を判断する上で、ボーダーを計る為に試し打ちをするんですが、その時は3,000円~5,000円ほど打ち込むと思うんです。

そこで良い台を発見できれば、閉店2時間くらいまで打ち込む感じです。なのでパチンコは良い台を発見してしまえば負け額は上限無しになります。
ですが、台探しをしている時は上限があると言えますね。

パチスロの高設定狙いの場合

こちらも、打ち込めば当然上限はありません。ただ、普通は低設定だと判断出来る材料が出た時点で辞めるので
機種にもよりますが最大10万円くらいかなと思います。でも、5万負けた時点で最高設定は限りなく確率が低いんで、最大負け額は5万くらいに設定している人も居るかもしれません。

これらのことから分かる事

つまり私はハイエナを中心とした立ち回りをしているので、天井狙いかゾーン狙いしかやっていません。

負けているという事は

最大負け額が決まっている勝負を数多くこなしているのに、大きく勝つ回数が少ないので、
トータルで負けているという事になります。

では細かく実際のデータを見比べてみます。

買っている時と負けている時のデータを比べる

勝っている時のデータ 8月15日~9月30日

8月15日からパチプロを復帰させていまして、9月30日までを一応好調なデータとして出してみました。

収支は1ヵ月半で557,800円のプラスですね。時給も3,000円をちょっと超えていまして、一応納得できる結果です。

この中で、4万円以上勝っている日数に注目してください。

4万以上勝っているのは15日分です。稼働日数38日中、15回が4万円以上勝っているので
2.5日に1日は4万円以上勝つ感じで私はこの収支になる事がわかります。

負けている時のデータ 10月1日~11月15日

まででで

一方で、こちらが私が不調だと思ってる期間の10月1日から11月15日までのデータです。

こちらは1ヵ月半で8,300円しか勝っていません。何か大きな立ち回りの変化があったのか?と言われれば、「ルパン三世世界解剖」がホールから消えて代わりに「HEY!鏡」を打つようになったくらいでしょうか。

メインの凱旋とハーデスはもちろん健在ですので、立ち回りは大きくは変わっていない事が分かります。

また、機種ごとの稼働回数にも注目してください。
これを見ると同じ1ヵ月半の稼働という期間で稼働回数が極端に変わっていない事も分かると思います。

勝っている時の稼働時間184時間
負けている時の稼働時間130時間

ここまで差があるのに、実はハイエナ回数はそこまで大きく変わっていないのです。

なので、負けまくってるせいで多少は期待値を高めにハイエナをしてしまっていて稼働を落としている・・・と思っていましたが、
逆にハイエナ回数が変わらないのであれば、期待値上はむしろ負けている期間の方が勝っているというデータになってもおかしくありません。

そしてやはり・・・注目するのは勝っている日数です。

4万円以上勝ってる日は5回しかありません。15回に比べ3分の1ですね。
逆に増えているのは2万以下の負けの回数です。

また、面白いのは4万以上負けてる日はむしろ勝っている時の方が多かったりしています。

両データから分かる事

負けている原因の項で、
パチプロの方の収支は、負けを少なくして勝つ時に大きく買ってトータルでプラスにするという収支になる方が多いのです。

と書きましたが、データがまさにそういう傾向にあった事が分かりました。

・スランプの時は、大きく勝つ日がいつもと比べてとても少ない。
・そして大きく負ける日が多いわけでは無い!

これを覚えておくと良いと思います。

負けている時(スランプ時)の対策はどうしたらいい?

いつも通りを心がける事が大事

私は負けている時は、多少は期待値をいつもより高めにしてハイエナ機会を減らして精神を保とうとしてしまう傾向があります。

ですが、本当の事を言えば、そんなことは無意味です。
その行為によって結果としては大きく負ける日は少なくなるでしょうけど、
先ほどのデータの通り、トータルの勝ちに貢献するのは大きく勝つ日の回数次第です。

大きく当たる時はいつなのか、そしてどこまで伸びるのかはコントロールできません。資金が少ないというなら期待値を高めてハイエナをするのも良いでしょうけど、
機会を極端に減らすのであればいつも通りの立ち回りに徹するのが良いと思います。

私は過去の経験でもスランプは何回もありましたし、年によってほとんど稼げなかった時も確かにありました。

ですが、20年間マイナスの年は無い私からすると、そこまで気にしなくても良いと思ってます。

負ける時も当然ある。大きく勝つ時も当然あるんです。

大切なのは、期待値の中央値は低めという特徴を理解する事です。

また何かの時にデータとして記事を作成して示せればよいのですが、基本的に期待値の台を追った場合の中央値は低めになります。
そして稀に大きく勝つ時の予想データが平均値に計算されて、期待値としての数字になっているんですね。

私は目標として、月100時間以上の稼働と30万円以上の利益としています。

ですので、月の勝ち額の予想として
月20万程度の勝ちが一番多くなり、たまに月50万円の勝ちがあって平均月30万円の勝ちになる。

そういうデータになるんじゃないかと思っています。過去の私の収支を見ていくとそうなる事が多いです。

ので、対策というよりはアドバイスになってしまうんですが、そういう平均値を下回る事は普通という事を理解することが大事になってきます。

モチベーションを維持する事が大事

先ほどの平均値を下回るという特徴に関係するのですが、そういうモノと理解してしまってモチベーションの低下を防ぐしか無いと思います。

しかし、私のように1ヵ月以上も不調だと、何のためにパチスロを打ってるのか分からなくなってしまって自暴自棄になってしまうかもしれませんね。

そんな時はいつもの立ち回りをしつつ、

・スマホアプリで気晴らしをする
・お家で実機の中古台やゲーセンで実機を打って気晴らしをする
・他の台の事を調べたり、他の店を回って勉強に徹する
・私が負けてる時のブログを読んだり、他の人の負けてる時の日記を読んで元気を出す。

そういう対策はあるかもしれませんね。

android系のアプリになってしまうんですが、凱旋やハーデスや沖ドキ等のハイエナに適している機種や人気のバジリスク、ハナビ等のユニバ系機種が月額で遊び放題になります。

パチスロわっしょい

実機が売っています。ここのサイトの実機はコインが出ない仕様にしてあります。データカウンターもオプションで付けれたりできます。
レトロ台から最新の機種まで取り揃えていますが、最新の機種は高いので篩人気機種を買うのも手です。例として凱旋なら6万円前後。ハーデスとかであれば3万円しません。
暇つぶしに打つならば名器を買うのも手ですね。私は4号機のA-typeドンちゃん2の実機を持っています(笑)。

スランプ時の対策まとめ

・いつも通り、納得のできる期待値や期待時給を追い続ける事が大事
・平均値を下回る回数は普通であり一番多い。たまに爆勝ちが訪れて期待値になる傾向にあるという事を理解する
・空いた時間で気晴らしやリフレッシュをする事も大事。次に繋がるのであればなんでも良い。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目記事

1

未経験でも働ける仕事でオススメの物をピックアップしました。(随時更新) 仕事を選ぶコツは、目的を明確化して働く事です。例えば、 ・高時給を重視する ・働きやすさを重視する ・やりがいを重視する ・収入 ...

2

皆さんこんにちは。 今回は「とりあえずは登録しておきたいオススメASPのまとめ」と題しまして、 私が登録しているASPをまとめます。 この記事は今後も追加していったり、修正していったりします。

3

みなさんBTCの運用してますか?習志野(仮)です。 今回の記事は「【暗号資産】自動裁定取引ソフト「Bit Arbitrager」の始め方、手順を1から解説【仮想通貨】」と題しまして、 暗号資産の裁定取 ...

4

パチスロで稼ぎたいけど、何の機種を覚えれば良いのかわからない! まずは簡単に覚えられてしかも稼ぎやすい機種があるのでそこから覚えていきましょう(´ω`*) そんな声にお答えします。習志野(仮)(Twi ...

5

こんにちは習志野(仮)です。 今回は、私のブログ運営環境や経験を元にブログの始め方を解説してみたいと思います。 目次1 ブログの始め方をまず解説しますので流れを覚え、手順通りに始めてみましょう1.1 ...

6

こんにちは習志野(仮)です。 今回はブログを始めたばかりの人が陥りがちな注意点等をまとめつつ、 最序盤のブログ運営のコツを私の経験からまとめてみました。 と言っても、私はまだブログ運営を始めて1年しか ...

-パチスロ脱初心者

Copyright© project ネオニート , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.